RDSのスワップ領域ってどう確認するの?

前回、Amazon EC2スワップ領域の作成方法を纏めました。 今回は、RDSのスワップ領域はどうなってるのーーーーです。

RDSのスワップ領域を確認するには

RDSスワップ領域の全容量は、インスタンスの拡張モニタリングを有効にすることで、インスタンス上のエージェントより収集されたメトリクスが監視可能となります。

RDS には、DB インスタンスが実行されているオペレーティングシステム (OS) のリアルタイムのメトリクスが用意されています。

拡張モニタリングとは

RDS の拡張モニタリングを使うと CloudWatchのグラフが可能となります。

拡張モニタリング有効方法

1)拡張モニタリングを有効にしたいDBインスタンスを選択し、「インスタンスの操作」をクリック、「変更」をクリックします。

2).RDSのインスタンス一覧画面で対象のインスタンスを選択後上の「モニタリングを表示」の右の部分を選択してメニューを出して「拡張モニタリング」を表示します。

3).モニタリング画面で、下記のように設定します。 ・「拡張モニタリングを有効にする」で「はい」 ・モニタリングロールは「デフォルト」(rds_monitoring_role) ・「詳細度」は「60秒」

4).適用を押下する。

5).RDSコンソールで拡張モニタリングの有効化を行ったインスタンスを選択し、モニタリングの表示から拡張モニタリングを選択すると、拡張モニタリング画面が表示されます。

【参考URL】 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonRDS/latest/UserGuide/USER_Monitoring.OS.html

スワップ領域のメトリックスは?

SwapTotal や SwapFreeが取得可能となりますので、こちらで確認が可能となります。

SwapTotal 利用可能なスワップ総容量 SwapFree swap の空き容量の合計 (キロバイト単位)。

注意:スワップ領域の容量 (SwapTotal) のみの場合は、メトリクス確認後、拡張モニタリングを再び無効にしてます。

参考に取得した値

容量:500 GB のストレージ インスタンスタイプdb.t2.small db.t2.small、db.t2.medium クラス 約 3.91GB のスワップ領域

容量:500 GB インスタンスタイプ:db.r3.large 約 14.95 GB のスワップ領域

あくまでテスト数値です。

まとめ

CloudWatchでもメトリックス(SwapTotal や SwapFree)を設定し、監視することは可能です。CloudWatch ログからの拡張モニタリング JSON 出力を使用したりできます。